どうして首が痛くなるの?首痛の原因

首の痛みなどのトラブルを訴える人は多くなっています。また、首の痛みは7割の人が一生に一度は経験するとも言われています。いつ発症するかわからない首の痛みについて、その原因は何なのか見ていきましょう。

首痛は首にかかる大きな負担が原因

首の骨(頚椎)は、重さ8キロほどある人間の頭の重さを常に支えています。支えるだけでなく、頭を動かしたり、回転させたりと、動きもコントロールしており、首には思ったより大きな負担が日々かかっているのです。

支える力が強いうちはまだ良いのですが、加齢や運動不足によって首の力が弱くなったり動きが悪くなったりすると、頭の重さを支えきれなくなり、首の痛みが出やすくなります。

首痛の原因にはストレートネックも

首の痛みを訴える人には「ストレートネック」になっている人も多くいます。本来、首の骨(頚椎)はゆるやかにカーブしているはずですが、首を前に出した状態が続いたことにより、カーブの部分がまっすぐになってしまうのです。

なぜストレートネックになってしまうのか

それではなぜ、ストレートネックになってしまうのか考えてみましょう。

理由は様々考えられますが、現代人に最も多いのは、スマーフォトンやパソコンの多用だと言われています。スマートフォンやパソコンを使い続けと画面を覗き込む動作が増えるため、自然と顔が前に出てしまい、結果としてストレートネックになってしまうのです。

ストレートネックのセルフチェック

現代人のほとんどの人がストレートネックの状態だと言われています。まずは自分がストレートネックなのかどうか、セルフチェックで確認してみましょう。確認方法は簡単です。

  • 壁に背中をつけて、まっすぐ立ちます。
  • 頭の後ろ、肩甲骨、お尻、かかとの4箇所が壁にしっかりとつけば正常な状態です。
  • 肩甲骨、お尻、かかとの3箇所を壁につけた状態で、頭の後ろが壁につかない場合はストレートネックの可能性があります。
  • たとえ頭の後ろが壁についたとしても、意識的に頭を壁につけている場合にも、ストレートネックの可能性があります。

首痛の原因は様々です。辛い首痛に悩まされたら、まずは病院や整骨院などで医師や専門家に症状を見てもらうと良いでしょう。