首痛の治療方法は?

首が痛んだらまず病院へ

首が傷んでしまったら、どのような治療を受けると良いのでしょうか。まずは原因をしっかり調べるために、病院に行き医師の診断を受けてください。病院ではレントゲンなどの画像診断も受けることができます。安易な自己診断はせずに、必ず病院で見てもらうようにしましょう。

原因が分かったら、リハビリは整骨院がおすすめ

病院で診察を受けた後は、痛み止めや湿布などが処方され、日常生活での注意点などのアドバイスが受けられるでしょう。この後、自宅で安静にするのも良いのですが、できれば整骨院に行って、首痛を根本から治療するようにしましょう。

病院で処方される痛み止めや湿布は、痛みを取るという意味では優れた治療法ですが、根本の解決にはなっていません。痛みで日常生活に支障が出る場合などは、まず痛み止めを飲んで安静にするのが一番ですが、少し動かせるようになってきたタイミングで、痛み止めと並行して、整骨院などで根本的な解決を図ることが大切です。

整骨院ではどんな治療をするの?

整骨院では、痛みの根本原因の改善が期待できます。具体的には、下記のような治療が行われます。

  • 骨格調整・筋肉調整
  • 骨格のゆがみや筋肉の固さが原因の場合、骨格調整や筋肉調整を行い、原因を解消します。また、姿勢そのものに問題がある場合、姿勢矯正を行い、正しい姿勢、正しい体の使い方ができるように整えて行きます。

  • 微弱電流治療
  • 炎症や痛みがある部分は、無理に動かすと逆効果になります。そういった場合には、患部に微弱電流を当てることで痛みを緩和し血行を良くして症状の改善を図ります。

駿東郡の駿東清水院相模原矢部整骨院は、PIMバランス整復と呼ばれる痛みの根本治療で、首痛の痛みを取り除きます。